刺繍糸の管理方法

Category : 手芸用品
D7H_43671_convert_20120914142252.jpg

お教室を始め出してから、
刺繍糸の扱い方が以外と知られていないことがわかり驚きました。

6本の束をそのままピーッと引き出してカットしてさらにそこから一本引き抜く、
という方が多いように思いますが、
私はそれだと残った半端な糸の管理ができないんです
すぐにどこかに行ってしまうし、糸本体もだんだん痩せてきてラベルが行方不明、
この色何番??なんてことにも。

なので私はいつもこの方法。

新しい状態でラベルを外し全部ほどきます。
1/2→1/2→1/3 の順にたたんでラベルを再度通します。
ラベルを中心にして二つ折りにし、両端の輪っかをカット。
二つの束を三つに分けてゆるく三つ編みして出来上がり
D7H_43661_convert_20120914142503.jpg


こうすると、ラベルの間から一本ずつ糸を引けばばらばらにならないし、
最後まで三つ編みも崩れずラベルもちゃんと残ります。
長さもベストな約60センチです

そして糸は、同系色ごとにまとめて管理しています。
図案の色を決める時、見本帳よりもやはり実際の糸を布地の上に置いて決めるようにしているので、
沢山の色が一目瞭然なこの方法に行き着きました。

そして何より、たくさんの美しい色糸を眺めていると癒されるのです〜



読んで頂いて有り難うございます。
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

Comment

非公開コメント

リンク
プロフィール

ナカノセイコ

Author:ナカノセイコ
手工芸作家の祖母の影響で、小さな頃から"何かを創り出す"ことがいつも身近にありました。
たくさんの色の絵の具や道具で溢れた祖母の仕事部屋が大好きで、こっそり忍び込んでは祖母の真似事をしていた記憶があります。その時のワクワクした気持ちは今も忘れられません。

慌ただしい生活の中で、少しだけ手を止める刺繍時間。
自分と向き合う大切な時間です。


白糸刺繍教室「白い針仕事」
国立教室  第2,4月曜10:00~12:30
      第1,3水曜10:00~12:30
西荻窪教室 第2,4金曜10:30~13:00
荻窪教室  第2,4水曜10:30~13:00
荻窪教室 第4金14:00〜16:30(2017,1〜)
代官山教室 第3火曜10:30~13:00
世田谷教室 第3金曜10:30~13:00
川越よみうりカルチャー 第3月曜10:45~12:45
◼︎八王子よみうりカルチャー 第4月曜14:00〜16:00 募集中


教室のお申込み、お問合せはホームページ
http://nusasamou.web.fc2.com
「刺繍教室」のページよりお願いいたします。
 


掲載本 メディア
2016 ステッチイデーvol.24 掲載
2016 マガジンランド「贈る展」最終選考
2016 BEAMS「Here is ZINE」最終選考
2016 favori 2月号「ホワイトワークのハンカチーフ」
2015 Hanako 吉祥寺 西荻窪特集
2014 ユザワヤ創作大賞 入選
2014 素敵なカントリー誌面講師
2013 はんど&はあと 手仕事ホリックな日々
2012 tetoteハンドメイドアワード 最終ノミネート
              他






当ブログ内のオリジナル作品について、
画像の無断使用、無断転載はご遠慮下さい。
また、営利目的での利用、雑誌・HP・ブログでの模倣も固くお断り致します。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
***
検索フォーム